ハーバード大学、コロンビア大学などアメリカ有名大学の正規留学相談なら留学相談ネットへ

指導・アドバイスした方の留学体験記

指導・アドバイスした方の留学体験記

以下では、ドクターサトウが直接指導、またはアドバイスをした方の体験談を掲載しています。


二年制大学から編入し、カリフォルニア大学バークレー校へ見事合格!

浅利君の体験談

auto-MghYYR.jpg

浅利と言います。
現在、外資系のインベストメントバンクに勤めているものですが、私のアメリカ留学体験を拙いながらお話します。

私が、アメリカ留学体験をしたのは、まだ17歳のときでした。それも英語の勉強のためでなく、テニス留学を目的としていました。カリフォルニアに一ヶ月滞在しました。その時の印象がとても良かったのと、英語とテニスに集中したかったこともあって、もう一度渡米するチャンスを探していました。

そんな時、奨学金を頂いて1年間再びアメリカに留学する機会を得たのです。日本の高校は通信教育に変更し、高校の第三学年をカリフォルニアの高校で過ごしました。その後、無事日米の高校を卒業した私は、次の進路に迷っていました。つまり、日本の大学に進学するかアメリカの大学に進学するかにです。

英語力がまだ中途半端であるのと、アメリカで自分を伸ばしてみたいとの思いがありアメリカの大学に進学することにしました。
はじめにELSランゲージセンターで英語を勉強し、そこの提携校の大学に内定をもらいました。しかし、やや不安があったので、誰か相談できる人がいないかと探していたところ偶然にも佐藤先生と出会ったのです。

佐藤先生は、アメリカの大学事情にとても精通していたので、驚きました。私が行く大学のことを聞くと、悪い大学ではないけれど、2年制大学なので4年制の大学に編入できるように頑張りなさいとアドバイスを受けました。

また、その2年制大学に入学してすぐにAccuplacer testという英語と数学のテストがあることを佐藤先生から知り、その対策をすることにしました。このテストは入学者全員(アメリカ人も含む)に対して行われ、点数が悪いと、正規のクラスを取らせてもらえないのです。TOEFLの点数とは関係ないもので、むしろそれよりずっと重要なテストでした。

ELSランゲージセンターの先生方は、Accuplacer testのことを知らなかったらしく、何も言ってくれませんでした。その意味でも佐藤先生に知り合えて本当に良かったと思います。

カリフォルニアに着いて、Accuplacer testを受けたところ、幸いにもすぐにも正規のクラスを受講できる点数を取ることができたので、スムーズに学業に集中することができました。アメリカの大学は単位ごとに授業料を払うので、随分得をしたと思います。この事を知らなかったほかの日本人留学生の中には、英語だけでなく数学も、卒業単位にならないそれもかなり下のクラスを取るはめになり、非常に苦労しているようでした。

幸い私は2年後にかなり良い成績でその大学を卒業できました。そして、次の大学に編入する準備を始めました。今度は、一流大学に挑戦しようと考え、カリフォルニア大学バークレー校にアプライしました。専攻は経済学にしました。非常に競争率が高かったので、心配しましたが、入学することができました。この間にも、佐藤恒雄先生には何度もアドバイスをいただき、メールばかりでなく、国際電話もかけていただいたことは、本当に感謝しております。

カリフォルニア大学バークレー校は、全米でも一流大学のひとつで経済学ではトップの大学です。有名人も多く排出しており、日本人ではソフトバンクの孫正義氏もOBの一人です。勉強は、さすがに大変でしたが、アメリカのトップレベルの学生と、共に学び切磋琢磨できたことは、大変勉強になり、刺激的な日々でした。

そして、卒業できたときの感激は今でも忘れることができません。この写真はそのときのものです。勉強だけでなく、テニスを通じて色々な人たちと知り合うことができたのも私の留学が成功した一因だと思います。

アメリカ留学を通じて学んだ独立性や、異文化の人たちとの協調性は貴重であり、高校留学を含めた5年間は、私の人生にとって最も濃厚な時間でした。


一言コメント

わざわざお忙しいのに、素晴らしい体験記を書いて下さってありがとうございました。本当に貴重な経験をなさったことが、文面からひしひしと伝わってきます。勉強だけでなくテニスにも本気で取り組んだようなので、その点が立派だと思いました。これからも頑張って欲しいと思います。

Dr.Sato

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional